評判の水道業者に依頼するときも元栓を閉めるところから

■被害を広げないための初期対応

水のトラブルが起きたときには、真っ先に水の供給を遮断して、安全の確保と被害の拡大を防ぐのが初期対応です。評判の修理業者などでは、コールセンターが指示してくれるほど、大事な処置になってきます。それだけ高い水圧が掛けられており、水が吹き出すと修理をしていても、部品が飛んでくるかもしれません。強い勢いで水が顔などにかかるだけでも、危険性が高い状況です。たかが水と思っていると、大きな衝撃によって大けがをする場合も出てきます。
このような事態を避けるためには、水道の元栓を閉めます。簡単な作業ではありますが、まずどこにあるのかを知らなければいけません。場所はどこでも同じではなく、一戸建ての場合には、敷地の中に青いふたなどがつけられている場所を見つけるのがポイントです。メーターボックスと呼ばれていますが、中には水道メーターが入っており、その隣にバルブが取り付けられています。
マンションや集合住宅は玄関の外側からさほど遠くない場所にあります。あまりに離れてしまうと、どこの部屋の物なのか確認が難しくなるためです。量水器と書かれている場合もありますが、ほかの部屋とまとめて設置されている場合もあるため、普段からもしものときのことを考えて、どこにあるのか確認しておくといいでしょう。水漏れが起きたときに探そうと思うと、なかなか見つからない状況も考えられます。ふたが開かないといった状況もありえるため、普段から確認しておくと安全です。

■メーターボックスを見つけるところから

メーターボックスを開けてみると、中にはバルブが取り付けられています。形状もいくつかあり、元栓はどれも同じというわけではありません。ハンドルタイプは蛇口のようなハンドルが取り付けられていますが、つまみタイプもあります。どちらも基本となるのは、水を止める場合には時計回りに回します。完全に動かなくなるまでしっかり回すのがポイントです。作業する場合には、この後に配管の中の圧力を抜かなければいけません。元栓を閉めたとしても、配管には圧力がかかったままであり、作業するときには危険性もあります。蛇口をひねって水を出すだけで、自然と圧力は抜けていきます。
つまみタイプですが、簡単に回りそうに見えても、固着して動かない場合があります。実際に回してみて確認するのが一番ですが、固着して回りにくい場合には、プライヤーを用意しておくと確実です。挟んで回すと簡単に回りますが、力の入れ過ぎには十分に注意して扱います。
集合住宅などでは、バルブが2つつけられている場合がありますが、この場合にも両方回します。集合住宅での問題は、ふたを開けたときに複数の配管が通っているときです。メーターボックス自体が複数あって、どれが自分の家に相当するのかかよくわからないケースもあります。ふたの上面にどの部屋なのか書かれている場合もありますが、ふたを開けると相当する部屋番号などが記載してあるケースもあるため、判別がつかないときには開けてみるといいでしょう。配管ごとにタグが付けられており、判別できるときもあるからです。メーター本体のカバーに書かれている場合もありますが、薄くなっていたり判別がつかない場合には、メーター内にあるパイロットに注目すると判別が可能です。
パイロットは水を出しているときに回転するように動くように作られており、水を使うのをやめれば止まります。水道を出したり止めたりして、パイロットの動きを観察すると、自分の家のものがどれかわかるようになるでしょう。水を止めているのにもかかわらず、このパイロットが動いているときにはトラブルが起きている証拠となり、水漏れを判別する際の方法の一つです。

■水のトラブルを解決する作業の基本として
元栓がわかることで、なにか水のトラブルが起きたときでも、自分で初期対応できるようになります。評判のいい業者へ依頼する場合でも、まずは問題を拡大させない状況を作り、時間を稼げるようになるでしょう。水を止められると、自分で解決するという手段も考えられます。
修理が終われば元栓を開けることになりますが、基本は開け方を中途半端にしないことです。バルブに取り付けられている止水部が下面にありますが、中途半端に開けてしまうと、水の抵抗ですり減ってしまい、完全に締められなくなる可能性が出てきます。水の流れは、見た目以上に大きな力がかかるためで、内部の部品に影響を与えるだけではなく、安全に作業する点でも流れの強さがリスクになるのがわかります。全開か、全閉かどちらかを選択するのが元栓を扱うときの基本です。
水のトラブルの大半は、緊急性の高い状態になります。流れ出していたりすれば、急いで修理しなければいけないことがほとんどでしょう。トイレのタンクから便器へわずかに水が流れだしているようなときもありますが、これも早く直さなければ水道量だけが増えていきます。こうした状態も、まずは元栓を閉めてしまえば被害は止まり、評判の業者を呼ぶだけの時間を稼げるのですから、手順は覚えておいて間違いありません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ