給水管のメンテナンスでは水道工事業者の評判が肝心

■一般家庭でもチェックしておきたい給水管と排水管の違い

給水管と排水管の違いをあらかじめ詳しく把握しておくことで、万一のトラブルが発生した場合でも対処がスムーズになります。いずれも配管設備ということで同じようなものだと認識している人も少なくありませんが、両者はまったく異なる性質を持つものであり、それぞれに重要な機能を担っています。
まず、給水管は屋内の水道に新鮮な水を供給するための設備です。給水管は屋外の上水道と連結しており、新しい水を絶えず引き入れることでポンプのような役割を果たしています。
一方、排水管はすでに使用が終わって汚れた水を屋外へ排出するための配管設備です。排水管は最終的には外部の下水管とつながる仕組みになっており、汚水は浄水施設に送られるようになっています。
給水管と排水管の大きな違いは、負荷がかかるタイミングです。給水管の場合、水道を使っていないタイミングであっても絶えず内部に強い負荷がかかっている可能性があります。強い負荷が長い時間かかり続けるということはそれだけ劣化も早まりやすいということですので、メンテナンスの頻度も増えることになります。
各設備はどちらも住まいを支えるうえでなくてはならない設備であり、トラブルが発生した場合にはまず、DIYによって修繕できる範囲なのかどうかを判断する必要があります。そのうえで、評判の良い工事業者に修繕を依頼することを検討しましょう。

■工事業者の評判をリサーチをしましょう

工事業者の評判は、配管設備のメンテナンスと修繕のためのサービスを選択するうえで非常に重要なポイントです。
自宅にインターネット環境がある場合は、業者への問い合わせがよりスムーズになります。今の時代、ほとんどの工事会社がウェブサイト上に問い合わせフォームを設けており、わざわざ電話をかけなくても知りたい情報を入手できるようになっています。ウェブサイトからの問い合わせであればフリーメールアドレスでも行えるため、個人情報を必要以上に伝える必要もなく、安心感が高まります。
めぼしい工事業者が複数ある場合、一般的な比較の手順は最初にウェブサイトを確認することです。複数の企業の公式サイトを比較し、サービスについてのおおよその違いを確認したら、電話で直接より詳しい見積もりについて質問をすることでサービスへの理解がよりいっそう深まります。
ただ、電話での問い合わせの場合、どうしても時間が限られているため、あらかじめ聞きたいポイントを箇条書きで整理し、ピックアップしてまとめておくと余計なタイムロスを避けることができます。また、電話での問い合わせであってもコンピュータによる自動音声による対応になるケースもありますので、こうした問い合わせ全般に慣れていない方はまず、自動音声システムに慣れておいたほうが良いでしょう。
電話にせよメールにせよ、水道工事業者に問い合わせを行う際にはまず、対応してもらいたい症状をできるかぎり事細かに伝えることが重要です。たとえ水道工事のプロフェッショナルであっても、問い合わせの段階でトラブルの状況がつかめなければ適切な修繕プランを提案することができません。以上のことを踏まえ、修繕依頼の際には給水管のどこでどの程度の破損が起きているか、ということを具体的に伝えましょう。

■ユーザーも質問上手になろう
業者選びの際にはまず、見積書のチェックに充分な時間をかけるようにしましょう。
ここ数年は、1日24時間による対応をセールスポイントにしている業者が増えています。仮に24時間対応であってもスタッフが一時的に少なくなるタイミングでは迅速に対応することが難しかったり、深夜料金が加算されることもあります。そのため、依頼前にそれらのポイントについてもあらかじめリサーチしておく必要があります。
見積書をチェックするうえで意外と見落としがちなのが疑問点の伝え方です。給水管のトラブル解決に慣れていない方の場合、水道工事業者の見積書に疑問をはさむことは意外とハードルが高いと感じる人もいるでしょう。不必要に遠慮してしまって本当に聞いておくべき情報を聞けなかったり、あるいは反対に高圧的になりすぎてしまうことも考えられます。
もちろん、どちらも水道工事業者への対応としては不適切であり、給水管のトラブルを迅速に解決するうえでも良いプロセスとは言えません。
送られてきた見積書に対して何らかの疑問点がある場合、ユーザーとしてはあくまでも冷静かつ論理的に不明点を明らかにする必要になります。その際、業者から受け取りたい答えをあらかじめ想定し、なおかつその答えをユーザーの側からさりげなく導き出す、という視点を持つことがポイントになります。
そのためにはユーザーのほうも業者の評判とともにあらかじめ給水管トラブルについて基礎知識を仕入れておき、的外れな質問を前もってカットしておく工夫も求められます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ