給湯器からお湯が出ないときには評判の水道業者に依頼して確認

■給湯器からお湯が出ない

給湯器を使おうとしたらお湯が出ないことがあります。冬場は給湯器に負担がかかりやすくなり、故障もしやすい季節です。冬こそお湯が必要なのにと思っても、故障すれば使えません。寒くなると、ガスなどの燃料も冷えます。寒い時期に燃焼させるためには多くの力が必要になり、機材にも負担がかかります。いざというときに使えない状況は、非常に不便ですが、なぜ故障したのか、原因を見つけなければいけません。
お湯が出なくなったら、まずは水が出るのかどうかを確認します。問題の切り分けを進めることですが、水が出ないのであれば給湯器の故障ではなく、水道に問題がある可能性を考えます。止水栓が閉まっていることもありますし、なにかの都合で元栓を閉めたときにも水の供給がされません。周辺で水道配管の工事中で、水がきていないこともあります。冬場で怖いのは、配管が凍結している状況です。見た目ではわかりませんが、寒気がおりてくると配管の中の水が凍結してしまい、まったく水が出ない状況になる場合があります。自然と溶けるのを待つしかなく、給湯器も使えません。ポットの中のお湯を配管にかけたりするのは非常に危険です。急激に温度を上げたことで膨張し、配管が割れてしまうことがあるためです。
水がきているのか調べたら、次にガスがきているかどうかを調べます。水が出ているのにもかかわらず、お湯が出ていない状況として、ガスが開いているのかどうか調べなければいけません。簡単な方法は、ガスコンロをつけてみることです。火がつけばガスがきています。もしも、つかない場合には、ガスの安全装置がかかっているかどうか確認が必要です。風が強い日や地震があったときなど、安全装置が働くことがあります。解除しなければ使えない状況のため、給湯器もお湯が出ません。

■電源がきていないなどの問題

給湯器には、まだまだ確認しなければいけない部分があります。水とガスの確認をすると、もう故障だと決めつけてしまいますが、焦ってはいけません。給湯器は、電気も使っている機材です。電気がきていないとお湯は出ない仕組みです。ブレーカーが落ちていないかどうか確認してから、給湯器の電源が入っているかどうか調べます。良くあるのは、スイッチを切ったままお湯が出ない状況です。キッチンにリモコンがあって切られているのに、お風呂でお湯が出ないというのも珍しくありません。この逆のパターンもあります。自分で切っていなくても、停電した可能性もあります。電気の使い過ぎでブレーカーが落ちたままとなっていてスイッチを入れていないときもお湯は出ません。なにか理由があって、本体から電源を抜いたときも出ないため、確認してみるといいでしょう。
お湯が出ないように見えて、温度が低いという状況もあります。温度設定が水と変わらない設定でお湯が出てこない理由は、掃除をしたときです。リモコンも掃除したときに間違って押してしまっているとお湯は出ない場合があります。逆に熱湯になってしまう可能性もあるため、リモコンの表示温度はしっかりと確認しなければいけません。
これでも問題がなかった場合、エラー表示があるかどうかを見てみます。内容がわからなくてもエラー表示があれば、動かないことを意味している状況です。マニュアルをみてどんな意味があるかどうかを調べてみる必要があります。その結果、なおせないものであれば、業者に相談して修理してもらうしかありません。

■業者に修理を依頼
業者に調べてもらうときには、どんなところに依頼するのか迷う人も少なくありません。普段からさまざまな業者の口コミなどを調べて評判を確認しておきましょう。評判のいいところであれば、安心して頼めるほか、いろいろな相談もできるからです。
給湯器の場合には、修理も急がなければいけない場所です。お湯が使えないことでお風呂も使えなくなります。キッチンだけの問題では済まないため、早期に復旧させたい場所です。ガスの異常などだと非常に危険なため、電源を切り修理を待ちますが、気が気ではないという気持ちにもなります。
実際に、給湯器は修理できるとは限りません。どんな業者でも同じですが、部品が手に入るかどうかが重要です。壊れている部品を取り換えれば直せますが、手に入らなくなれば修理ができないこともあります。経年劣化で傷みが出た場合には、ひとつ直してもほかの部分が壊れる可能性が出てきます。連続して修理すれば、それだけ費用もかさむため、新しい給湯器に交換した方が確実ですし安全です。
給湯器の修理を安くしようと自分で直そうとする人もいますが、非常に危険な行為です。電気もガスも使うような設備は、さまざまな知識が必要です。見た目でどこが壊れているのかすぐに判断できません。水も流れてきていれば、漏電しており感電する可能性も出てきます。部品の故障を判断できるだけの知識があっても、部品を手に入れられるかどうかも問題です。汎用的に使える部品は少なく、専用の部品を手に入れる方法を考えるのであれば、業者に依頼するほうが良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ