洗濯機の排水のトラブルは評判の水道業者に依頼

■衣服を清潔にする洗濯機

洗濯は生活の中で必要不可欠です。洗濯機があれば自宅でいつでも洗うことができ、清潔な衣服を常に身につけることができます。衣替えの時期にも活躍しますが、トラブルが起きやすい場所であるということを知っておく必要があります。トラブルはあまり頻繁に起こるものではありませんが、小さなトラブルでも大惨事につながる可能性があるため、定期的な確認とメンテナンスが必要です。
冬になると、洗濯物のかさが増えます。寒さに耐えるために、多くの衣服が必要になるためですが、1枚当たりのかさも増える時期です。冬は特に糸くずが出やすい衣類を洗濯する機会が増えるため、洗ったばかりの衣服に糸くずなどが多くついている場合があります。対策としては、糸くずが出やすい衣料品は分けて洗うか、洗濯ネットに入れるだけでも違いますし、すすぎの回数を変えるだけでも他の衣服に付着しにくくなるでしょう。それでも問題が解決できない場合には、フィルターを確認しなければいけません。フィルターは糸くずなどのごみを取り除き、洗濯物に付着しにくくする大事な機能を持っています。水の中のごみが少なくなれば、その分だけ排水の負担も軽減できます。ごみが増えれば当然流れにくくなるため、定期的にフィルターの状態を調べて掃除をする必要があります。そのままになっていると、目詰まりしてしまい機能しなくなることもあります。洗剤もうまく通過しなくなり、すすぎの効率も落ちるため掃除しなければいけません。脱水のあとに取り外し、ごみを捨てる習慣をつけておけば確実です。
こうしたメンテナンスのほかに、洗濯槽の洗浄も習慣づけておくと、トラブルを防止できます。カビなどの問題もありますし、汚れが溜まり流れていけば、排水に負担を掛けるのは間違いありません。排水のトラブルを起こせば、専門業者に依頼する必要も出てくるため、普段からさまざまな業者の評判を調べておくのも方法です。評判の良い業者であっても、なにも依頼しないに越したことはないため、定期的なメンテナンスをしましょう。

■排水口で詰まる原因は何か

洗濯機は大量の水を使う設備です。排水管のトラブルが起きたときのことを考えてみると、被害の大きさの予想がつきます。水道から大量の水を供給して洗濯するため、その水が行き場を失いあふれだします。洗濯機は排水パンの上に設置されることが多く、水がこぼれても受け取れる構造になっています。排水パンも排水口につながっており、あふれても流せる構造だからです。洗濯機の排水管が詰まった場合であれば、排水パンが活躍してくれます。本体の異常で漏れてきたときも大事な受け皿となります。しかし、排水管自体が詰まってしまうと、水はあふれ床にこぼれていきます。アパートやマンションなど集合住宅で起きれば、下の階にも流れ込み、尋常では済まない被害額を生み出すでしょう。この被害を想定できれば、トラブル防止のためのメンテナンスを日常的に行うのは、大きな価値があることがわかります。
洗濯機の排水管に詰まりやすいものは、糸くずをはじめとする衣類のごみだけではありません。ペットの毛なども詰まる原因で、できるだけ混入しない状況を作るべきです。特に毛足が長い種類の場合は詰まりやすいため、洗濯をする前に除去しておくことが重要です。ティッシュなどを間違って洗ってしまうのも問題です。水に溶けるものではないため、衣服についてしまう以上に排水口に負担がかかります。普段から、洗濯前にポケットの中などをチェックするだけでも被害を減らすことができます。

■排水トラップの確認
洗濯機の排水管を外し、排水口をのぞくことはあまりありません。いざ見てみると、思ったよりも汚れが付着しているケースがあります。じゃばらのホースを取り外すだけですが、これだけでも状況の確認は可能です。洗剤の残りかすがついていたり、糸くずなどが大量に出てくることもあります。そこで、排水トラップを外しての点検も必要です。
排水トラップは、特別な工具を必要とせず解体できるものが大半を占めます。まわして取り外すだけ、など単純にできていますが、定期的に確認するだけでも詰まる前に対応できる場所です。排水トラップは水を貯めておく装置でもあり、下水から臭いが上がってこないようにしています。洗濯機周辺から異臭を感じるときにも、一度確認してみるといいでしょう。
排水トラップより先に問題があると、解決は容易ではありません。その先は目で見て判断できないため、専用のカメラも必要です。高圧洗浄機などを使って洗い流す方法も取れますが、専門業者の領域であり、素人でできることではなくなります。普段から評判を調べておき、いざというときに依頼できる体制を作っておくと安心です。
排水口は洗濯機の陰に隠れて見えない場合もあります。スペースが限られているときによくありますが、洗濯機をずらさなければ確認できない状況です。洗濯機自体は軽いものではなく、かなりの重量となるため、自分で動かして確認できないときには、水道業者に依頼して点検するのが確実な選択になるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ