水道の使用量が気になるときには評判の節水型トイレの検討を

■生活に欠かせないトイレと使用水量

トイレは生活空間の中でも、かなり多くの水を使う設備です。現在の水洗トイレは、水によって汚物を流す構造で、水がなければ使えません。断水してしまったときなどは、お風呂の浴槽に水を溜めて使うといった方法が必要です。その分水道代もかかる場所ですが、新しくリフォームをするだけで、大幅な節水ができるようになります。
トイレに使われている水量は、年代によっても違います。1990年代に設計生産された製品の場合、1回に13から20リットルの水を使っていました。20リットルといえば、家庭で掃除などに使われるバケツが8リットル程度になるため、2つ分以上を使用します。最新型の機器の中には、使用量がバケツ1杯にも満たない6リットル以下の製品があります。
さらに水道会社に節水で評判のトイレの性能を尋ねてみるとすぐに分かりますが、4リットル程度のものまで出てきています。バケツで例えると、2つ分あれば、4回以上流せる計算です。これだけの節約ができるというのが分かると、リフォームを考えるきっかけにもなるでしょう。
節水という面ではタンクの中の水量を意図的に変えてしまう方法があるものの、推奨されていません。ペットボトルに水を入れて沈める方法や、レンガを入れる方法が有効だとして広がりましたが、これは大きな間違いです。トイレに使われる水は、便器の中の汚物を流すのに最適な量で設定されます。洗浄という面でも適量なのであって、水が少なくなれば、流れなくなって詰まる可能性が高まります。節水どころか陶器でできているタンクにぶつかり壊してしまうかもしれないため、非常にリスクのある方法です。

■なぜ使用水量が少なくて済むのか

最新型にリフォームをすると節水できるのには、明確な理由があります。評判の機種のほとんどは、古い設計のものと比べて洗浄の方法が異なり、効率が良くなっています。
水道の修理会社で取り扱っているトイレ機器は、いろいろなメーカーのものが用いられていますが、それぞれさまざまな技術開発が行われています。従来型の洗浄方法としては、便器の淵の部分から水を出し、まっすぐ流れるだけで縦にシマ上の汚れが残ったりする状態でした。最新型は水が出てくる位置は同じですが、設計で渦状に流れるようにしており、水量は少なくても回転して汚れを落とすため、節水ができます。シマのような汚れも残ったりしません。
汚れにくい構造となっているものは節水の効果があります。トイレは陶器として表面にコーティングが施されていますが、使っているうちに劣化していき、効果が失われてしまいます。そうなると、当然汚れはつきやすくなり、簡単には落ちません。汚れが落ちなければそれだけ水が必要ですし、掃除の回数も増えてしまえば、その分水を使うようになります。一方表面が滑らかになると、汚れはつきにくくなります。表面のコンディション次第で、水道の使用量は大幅に変わってきます。
掃除という側面で考えると、手間がかかれば時間的なロスが大きくなります。できるだけ手間がかからないほうが、普段から使い勝手も向上します。汚れが落ちなくなり、掃除に時間を取られてしまうというときでも、最新型にリフォームすることを検討すると良いでしょう。

■節水効果の高いタンクレス
水量を節約できるトイレとしては、タンクレスタイプが中心になってきます。タンクレスの場合、水道の圧力を利用して水を流しているのが特徴です。圧力をうまく利用することによって、水量を減らせる製品が生まれました。それだけに、水圧が低い住宅の場合には設置できない可能性があるので注意が必要です。評判のいい会社であれば、水圧の測定を行ってくれるので、適切かどうかすぐに判断できます。
排水の方向性の問題も影響します。戸建てでは一般的に床排水が使われており、マンションのような集合住宅では壁面排水の方がスペースの効率が良いため選ばれてきました。この2つでは、節水できる量も違いますし、設置できないタンクレスタイプもあります。排水管の種類によっては、タンクレストイレが取り付けられない例もあるため、細かなところまで調べてもらうのがポイントです。
最新型にしたとしても、水を流し続ければ水道代がかかることに違いはありません。節水するのであれば、流し続けたりするのは避けましょう。何度も流せば、当然それだけの水を必要とします。音が気になるときには、疑似洗浄音を取り付けて利用する方法があります。
適切な使い方をすることも大切です。トイレには大小のレバーがありますが、使用をするときには適切に使い分けるのが、節水効果を高める方法です。
節約は大切なことです。どうしても古いものを使い続けると節約や倹約をしているように感じられがちですが、使用水量という部分では、最新型にかないません。その差はかなりの量になるため、使用量を下げていきたいと思ったら、業者に相談してみると良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ