水道料金を要チェック!散水栓からの水漏れの原因と対処法

■屋外に設置される水道だから気付かない

水道からの水漏れが、目に見える箇所であれば気付くのはそう難しくはありません。しかし、屋外に設置されている散水栓からの水漏れは、目に見えない箇所だこそ発見するのは難しいですし、目が届きにくい場所だけに問題が大きくなります。ほとんどは地面に設置されているので、すぐに気づくことができません。たとえ地面が濡れていたとしても、水をまいたり雨が降ったりして濡れていることもあるため、気に留めないという状況に陥りやすいです。そして長期間にわたって放置してしまい、大きな問題になる可能性が高くなります。ですから、いち早く水のトラブルが発生していることに気付けるかどうかが最も重要です。ひとつの注目すべき点は、水道料金です。当然ながら水のトラブルが発生していると、水道料金が急激に上がるという特徴があります。水道の使用がいつもと変わらないのに水道料金が高くなっている場合は、散水栓からの水漏れが考えられます。蛇口から水が漏れていたり本体が破損したりしていることもありますが、その他にも蛇口と給水管をつなぐ接続部、あるいは給水管などで水のトラブルが発生している可能性が高いです。何が原因であるかを調べるのはもちろんですが、まずは本当に散水栓からの水漏れであるかについて明確にするのが大切です。集合住宅に住んでいる場合はあまりなじみがなく、地面に埋まっているタイプの散水栓の存在を知らなかったという方もいるでしょう。水のトラブルは様々な箇所で起こりますので、このようなタイプのものが存在するということを覚えておくのも大事です。

■外的要因による破損に注意

散水栓は、地中のボックスに水道蛇口が取り付けてあるタイプと、柱に水道蛇口が取り付けられている立水栓と呼ばれるタイプが一般的です。基本的に屋外に設置されているため、水漏れする原因は劣化と外的な要因が考えられます。どうしても屋内で使用されている蛇口よりも、外的要因によって破損することは多くなります。車などがぶつかることもあれば、ボール遊びをしているときなどにぶつけることもあるでしょう。柱が傾くだけなら見栄えが悪くなるだけですが、軽い衝撃であっても破損すると水がどんどん漏れてしまいます。さらに厄介なのが、根本に近い部分から水が漏れると水が噴き出さず、少量の水が長期間にわたって流れ続けることになります。見ただけですぐに水が漏れているかどうかを判断するのが難しく長期間放置してしまった場合、他の故障に繋がったとしても不思議ではありません。普段はあまり使うことがなく壊れていないだろうと思っても、定期的にチェックして異常がないかを確認するのが大切です。他にも、ボックス型の散水栓の蓋が割れてしまうこともあります。蓋が廃版となっているとボックスごと交換する必要があります。この場合、コンクリートを開口する、あるいはモルタルを使って補修するといった作業が必要です。具体的にどれぐらいの難易度になるかはそのときになってみないと分かりません。外的な衝撃を受けることが多いので、注意して扱うようにしましょう。パッキンの不良である場合は交換によって対応ができるものの、本体の交換が必要となった場合は高額な費用がかかることが予想されます。できるだけ費用がかからない段階で対応するのが望ましいです。

■普段から散水栓を気にかけるのが大切
地上で特に異常箇所が見当たらなかったとしても、水道から水漏れしている可能性を完全に否定することはできません。日頃から散水栓の周囲が湿っていないかをこまめにチェックするのは大切です。高額な費用をかけることなく修理をするためには、初期段階で異常を見つけることが肝心となります。もともと地面が濡れているという場合もありますので、油断せずに定期的にチェックしましょう。散水栓が劣化していると些細なことでもトラブルが起こります。例えば、ホースを引っ張る際に蛇口が斜めに歪んでしまい、それを元に戻すために回したことが原因で水漏れが発生するケースもあります。また、力強く反時計回りに回転させると蛇口ごと外れてしまうこともあります。水のトラブルは普段の生活においてそう多くはありません。しかし、消耗品を扱っている以上、起こり得る可能性があることを忘れてはいけません。迅速に対応すれば被害を最小限に抑えられますが、発見が遅れてしまうと被害が拡大してしまうことも多いです。普段から散水栓を気にかけることによって被害が拡大するのを防ぐことができます。ボックス型の場合は固定方法がシンプルで弱いという特徴もあります。ちょっとした衝撃によって故障してしまうこともあります。また、自分で修理可能なトラブルもありますが、できるだけ修理業者に依頼しての対応を基本とした方がよいでしょう。工具を扱うのが得意な方なら簡単にできるでしょうが、普段触ったことがないなら事態を悪化させる恐れもあります。パッキンの交換だけと思っても同じ部品と工具も用意しないといけませんし、ハンドルや蛇口自体に問題がある場合はパッキンの交換だけでは対応しきれないこともあります。さまざまな可能性を考えると、修理業者に依頼するのが最も確実な方法と言えるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ