トイレのトラブルを解決するなら評判の水道業者へ

■トイレで水のトラブルが起きやすい場所

水道のトラブルが起きやすい場所はいろいろとあります。その中でもトイレは水漏れをはじめさまざまな問題が発生する場所です。自分で修理ができないときには、評判のいい業者へ修理を依頼することも必要ですが、どんなことが起きるのか、日ごろから想定しておくことが何よりも必要です。想定内のことであれば、焦ることもなく対応できますし、被害を拡大させる前に収束できます。
トイレの中で、水を大量に保持しているのがタンクです。タンクレストイレも出てきていますが、既存のタイプはまだまだ人気がありますし、使い勝手も優れています。大量に水を貯めて、落下する力を利用してトイレを洗浄しますが、さまざまな部品が使われているため、どれがひとつでも不具合を起こすと水漏れにつながります。外部に漏れることは少ないものの、配管の破損などが起きれば、大参事になる部分です。普段中を調べる状況はあまりなくても、どんな構造なのかは確認しておくと問題の早期解決にもつながります。
ウォシュレットもトラブルが起きやすい場所です。構造が複雑なため、どこかで不具合が起きると、水漏れなどにつながります。問題は電気を使った家電製品で、なかなか修理ができません。水道もつながって圧力もかかることから、電気と水を遮断してから作業をおこなわなければいけないなど手順があります。専門業者の領域であり、うかつに手を出すと感電する危険もありますし、電子部品が壊れると見た目ではわかりません。

■配管と便器本体のトラブル

トイレには水道からくる給水管と下水につながる排水管が接続されますが、給水管はタンクとつながり、トイレの機能を支えています。配管でつなげられますが、どうしてもパッキンなどの劣化に見舞われた瞬間に水漏れを起こす部分です。配管自体が破損することはまれですが、それでも定期的に漏れていないのかチェックするべきポイントです。もしも、配管には損がみられたときには、評判のいい業者に交換してもらうほうが、加工の手間などを考えても間違いありません。
給水管につながっている止水栓も重要な設備です。施工するときに閉めておけば水が出なくなります。ここから作業はスタートしていきますが、止水栓事態も水漏れする場所です。水を止めるだけではなく、水量の調節のためにも使われます。止水栓が機能しない場合には、元栓を閉めて対応しますが、交換は簡単ではありません。閉めるときに固着しており、無理にまわした結果、破損してしまう例も多々あります。
便器本体もトラブルが起きる可能性のある場所です。それも被害が出れば甚大で、水漏れを起こした場合には修理は簡単ではありません。トラブルとして、配管の詰まりがあげられます。異物を大量に流してしまった場合などは、詰まる可能性が出てきます。トイレットペーパー以外は対応していないのが便器であり、ティッシュペーパーでも異物扱いなのは十分注意が必要です。水に溶けないものはすべて詰まる可能性があるからです。もっとも問題なのは、排水管のパッキンが劣化して漏れてくる状況で、便器を外さなければ交換できません。素人では判断の難しい場所であり、経験がなければ取り外して交換するなどが難しい場所です。交換できても取り付けなおすときにずれるとまた漏れる可能性があります。衛生上の問題も抱えるため、専門業者に修理してもらうのが良いでしょう。

■修理は自分でできるのか
水漏れの修理方法は、それぞれの場所に合わせていかなければいけません。タンクからわずかに水漏れがするのはよくあるケースですが、ちょろちょろとわずかに漏れるケースはよく見られます。タンクの内部には、水を貯めるための装置と排出するための装置が連動するのが基本構造です。わずかに水が漏れだしている状況は、ボールタップと呼ばれるバルブの異常が考えられます。給水側の装置であり、これが開いているため、常に水が供給される状況です。問題は、その水がどこから流れているかにあります。排水するための栓が取り付けられていますが、ゴム製がほとんどで劣化すれば隙間があき漏れていきます。ボールタップに問題がなくても、常に水が流れ水量が減れば自動的に補給するため、延々と水が止まらない状態となることもあります。ボールタップ自体に問題がある場合には、オーバーフロー管を水面が超しており漏れている状態になります。ボールタップを交換しなければいけませんが、浮き球の調整もありそこまで簡単ではありません。
給水管から漏れてきているときには、パッキンの劣化が起きている状態です。経年劣化する部品であり、時間とともに弾力性がなくなります。隙間も埋められなくなり、水漏れしてきますが、判断の基準は触ることです。パッキンを触ってみて黒く跡がつく状況であれば、劣化している可能性があります。止水栓を閉めてから交換しますが、道具も必要になるため、不安が残るときには専門業者に修理してもらうのが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ